コーチングを学ぶ

Wilson Cham on 7月 8th 2011 2015-06-14

私は資格を信じない。
資格付与するための試験を準備する過程は、試験が評価したい本質をとてもぼやけいる。
試験も同様に、合格率がある場合は、一定のレベルの成績を測定するために活用されより多くの「脱落者」を作り出すために、 非本質的な部分を拡大して、問題を出題することになる。
これは本当に誰のためのものでもない。
大学を序列に長蛇の列立て、毎年数多くの受験生が、今後20%も活用していない情報を暗記するようにさせる修学能力を嫌うのもそんな理由だ。

私はコーチングが非常に優れた哲学を含んでいると考えている。
「すべての人は、自分自身の問題の答えを知っている。」の、コーチングの哲学は、 単に1つの相談技法ではなく、人との接し人間関係の私の哲学にも多くの影響を及ぼしたので、より多くの人々がコーチングを学ぶことを希望しながらも、 一方では、コーチングを勉強するには注意が必要だ。

なぜなら、すでにコーチングは多く商業化されたからである。
良い哲学に人が集まれば、その人は、組織を形成し、 その哲学で商売を始める。
本質を衰退させお金に走る。悲しいことだ。
・正式にコーチの資格を取得したい場合

私は、より多くの人がコーチングを学び、コーチになることを望む。
そして、これをアップとするのも悪くないと思う。
学んでみてコーチという職業が気に入らなくてやめさせても、コーチとして考えていた考え方や習慣は残るだろうと考えている。

私は仕事のコーチになりたかった。
もちろんコーチングだけ一生生きると思っていたのではなく、コーチングを学んで私の周りの良い人に良い影響を与えることができたら と思っていた。
だから高いお金をかけて講義を受講したり、資格を取るために周りの知人や、あるいは知人の紹介で人に会って資格を履修するための コーチングの時間を満たしていくこともした。

大きくコーチ資格は、3つのに区分する。
KAC(Korea Associate Coach)、KPC(Korea Professional Coach)、KSC(Korea Supervisor Coach)このように、 3つに分かれるのだが、資格を獲得するための条件は物によってはるかに難しい。
通常は、許可を受けた教育機関で教育を受ける。
最も低いレベルであるKPCの場合には、教育時間20時間が決まっている。
そしてコーチングを進行することになるが、これも最小有料コーチング履修時間があって 有料でコーチングを進行しなければならない。
そしてコーチングを受けた人、二人の書面による推薦と認証されたコーチの推薦があれば認定される。
そして受験料を2万円出し、もしプログラムを通じてコーチング教育を受けたのがない場合は3万5千円を出し、 生涯維持されるのでもなく、3年周期で延長もしてくれるとする。

Filed in カテゴリ【コーチング】のリスト | No responses yet

|

Leave a Reply